汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

働き方改革〜会議って減りましたか❓

スポンサーリンク

おはようございます☀ヒロンです。

今日は珍しく新幹線で出張🚄



このまま乗ってたら博多まで行けるのに。。。とか、思ったことありませんか 笑。

さておき、昨今流行りの「働き方改革」は結構なことですが、昔から会社では業務効率化の一環として会議削減とかに取り組んでますよね。

例えば、

  • 終了時間を遵守

  • 会議は◯分間厳守

  • メンバー厳選

  • 必ず成果物を出す

みたいな。

ところで、

会議って昔より減りましたか⁉️

少なくとも、うちの会社では減ってるような実感がありません。

相変わらずダラダラやってます(^_^)

思うに、

何か方針を決める会議の頻度は、あまり変わってないけど、コンセンサス(共有)の為の会議が増えている印象です。

勝手な僕の想像ですが、IT化が進んで必ずしも皆んなが一箇所に集まらなくても、各個人で仕事がどんどん進められるようになったことが、逆に頻繁にコンセンサスを得る必要性を生じさせたように思います。

あと、大量の情報についていけなくなった上司が、そういう共有の場を求めている可能性も ^^;

情報が多すぎて、その情報の価値が判断し難くなっているのかも。

だから集まって互いに共有しながら、確かめているのかも知れません。

僕の価値観ではメールでいいじゃん!って内容も、人によっては会議が必要と感じます。

全体的にたぶん価値観が多様化しているんでしょうか。

だから、昔よりも互いについての確認作業が必要なのかも。

なんか小難しいことを述べてきましたが、

正解は、単にうちの会社が遅れているだけかも!

ではまた(^^)/

スポンサーリンク