汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

変化のスピードが速い時代は生きにくい

スポンサーリンク

過去ほんの数年間でガラケーがiPhone📱に瞬殺されたことからも分かりますが、いまは産業構造の変化のスピードがとても速い時代です。

イノベーションの時代です。

イノベーションを起こせる方には、大きなチャンスが転がっている時代ですが、ただ何となく過ごしている中年リーマンの僕には、ただ疲れるだけ(T . T)

ここ10年だんだん生きにくくなってきています。

変化しないとダメなんですかね💧

変化のスピードって、どんどん上げていかないとダメなんですかね💧

確かに、人類が解決しなければいけない問題はたくさんあります。

貧富の差の問題

温暖化など環境問題

テロ、紛争問題

差別や宗教問題

などなど。

このものすごいスピードでの変化や様々なイノベーションは、こういう課題を解決するのに貢献してるんですかね。

結果的に、ならあるでしょう。

でも、ほとんどは直接貢献してないような感じがしてなりません。

結局、金持ちになりたいだけじゃない?

。。。という気がします(・_・;

世界人口の10%未満の人が、世界の富の90%を保有しているらしいです。

富める者はどんどん富み、貧乏はどんどん貧しくなっていく。

イノベーションや変化のスピードの速さは、貧富の差をどんどん加速しているだけに見えます。

もう今の生活レベルでけっこう満足していませんか?

そろそろ留まってみてもいいと思うのです。

でも世界が許さないんでしょうねぇ。。。

世知辛い世の中です。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク