汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

サラリーマンの半数は生きがいなんてない

スポンサーリンク

年金シニアプラン総合研究機構というところが「サラリーマンの生活と生きがいに関する調査」というのを実施しているそうです。 


いろいろな公的機関の調査がありますが、「生きがい」も調査対象になっていたんですね~。

 


本調査は、1991年から5年ごとに実施されており、2016年の第6回調査結果が先日発表されたようです。

調査結果

 

「生きがい」を持っている人の割合が初めて50%

     を切る(43.6% 対前回Δ12.3%)

     ※第2回調査では78.4%。


・生きがいを感じる事柄では、「仕事」が減って

 (32.5→18.0%)、「一人で気ままに過ごす」が増

   加(7.0→17.5%)。

 

・生きがいを求める場は、「仕事」から「家庭・自

    分」に移っているが、「家庭の理解・愛情」は減

    っている。「社会参加」への関心も低下。

     ⇒他者とのつながりを求めない人が増加


・対前回で「経済的ゆとり」「精神的ゆとり」

   「時間的ゆとり」全て減少。 

 

・団塊の世代だけは、びっくりしたことに、第1回か

    ら今回まで生きがい保有率59%前後の同じ水準を

    維持している。

 

対策は?


いろいろ読むと、大体は以下のような論調。

 

社会参加など自分が「生きがい」となるような場所を積極的に見つけにいき、定年後も仕事に変わるような「生きがい」を持つことが重要。

また、定年後も自分の能力・スキルを活かせる場があれば、高齢者の労働力活用になり、高齢化社会の対策にもなる。

僕は生きがいなんてない

確かにサラリーマンの半分が「生きがい」が無いとは驚愕でした!(◎_◎;)

上の対策は大切なんだと思います。

 

確かに「生きがい」がある方が人生は充実するように思います。仕事でも趣味でも。

ただ、その反対の「生きがい」のない生活って問題なんですかね?

 

この調査結果からは半分もの方は「生きがい」がないんですよね。

実は、

僕自身も特に「生きがい」なんてありません😵

「仕事」は給料をもらうために仕方なくやっている。

特に楽しくはないが、一日8時間以上拘束されるのが分かっているので、多少興味を持つようにはしている。


「趣味」は全く無し。

休日は、娘と遊んだりゲームをしたりしていますが、趣味というほどではない。


ゴルフはやりますが、仕事上の義務と割り切ってやっているだけ。

向上心無し。(だから100切れない)


美味しいものは好きですが執着するほどではない。。。

 

友達ほとんどいません。

という感じです。

実は「生きがい」が無いと回答した半分の方も大体こんな感じじゃないですか?

(友達は僕より多いでしょうが💦)

 


普通そんなにドはまれる趣味とか、やりがいのある仕事なんて中々ないと思うのですが。。。もちろんそういうのがあればいいですが。

たまにある「プチ充実」だけで、結構人生問題ないと思うんですよ。

 

あ〜昨日の回転寿司のマグロおいしかった(´ω`)みたいな‼️

 

 

(回転寿司も滅多に行けませんが(T . T))


ではまた(^^)/

 

スポンサーリンク