汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

海外駐在よりも国内勤務を選ぶでしょう

スポンサーリンク

海外で仕事したいですか?


僕は以前、3年間ちょっと海外(東南アジア)に赴任していましたが、辞令を受けたとき、別に行きたいとは思わなかったです。


正確には、すごい嫌ってわけではなく、かったるいなぁという感じでした。

経済、企業がグローバル化し、今や海外赴任もそんなに珍しくないですが、みんながみんな行けるわけではないので、若手などはキャリア面談をすると、「海外に行きたいです!」と、皆口をそろえて言います。

本当に行きたいんですかね?

僕、昔から思っていることとして、国内で普通に暮らせるのなら、海外に関係しないのが一番幸せだと思っています。

すみません。インドア(国内)派なもので(*^^*)

大方の日本人はそう思っていると信じています。(除く帰国子女)

 

だって、海外に行くってことは、少なからず異なる文化、言語、生活に接するわけで、絶対ストレスになると思うのです。

ストレスも素敵な言葉に言い換えると「刺激」になるのかもしれませんが。

本当は、日本の内需だけで1億2千万人が食っていければ、それが一番幸せだと思うのです。
食料、資源のほとんどを輸入に依存している現状では厳しいのかなぁ。
日本は海洋資源が豊富らしいので、技術的な問題が解決すれば将来は出来るかも。

うちの娘は幼稚園2年間を海外で過ごしましたが、結局馴染めず先に帰国させました。
小学生になり当時の嫌だった理由をちゃんと説明できるようになったので、いろいろと聞きましたが、極めてストレートな答えです。

違う言葉が耳に入ってくるのが嫌だった。

とのことです。

結構、本質的な理由な気がします。


(うちの娘はダメでしたが、もちろん余裕で海外に馴染んちゃう子もたくさんいます。一般的に子供の方が慣れが早いように感じます)

同じ見た目、言葉、習慣、文化に囲まれている方が、そりゃ安心するでしょう。

グローバルで競争が激化している今の世界で、自国引きこもりが許されない状況なのは理解していますが、生活レベルが下がらないのであれば、誰もグローバルな競争なんてしたくはないと考えていると思うのです。

「いやいや、俺は国内だけで勝負している!」という方も、海外で戦っている方々が、最終的に日本人の生活レベルUPに貢献していることは否定されないと思います。

我々一般市民にまで落とし込むと、結局、飯を食っていくために、頑張って海外で戦っているのでしょう。

キャリアパスとか自己実現とか崇高なのも結構ですが、その前に飯でしょ(笑)

将来は、海外に関係のない暮らしをしたいなぁ。何とか生活レベルを維持したままで。

 

かと言って、自給自足とかは出来ないしなぁ。。😞(憧れるけど)

今のままでは無理ですが、これから考え抜きたいです。

妻は海外旅行に行きたいといつも言ってます。

まぁ旅行で行くぐらいなら別にいいですが(^_^)


ではまた(^^)/

スポンサーリンク