汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

2018-12-19から1日間の記事一覧

【社畜】そこに哲学があれば評価されるサラリーマンの世界

サラリーマンは、集団で事業を進めています。ですので、毎日打合せしたり、会議をすることによって、合意形成や情報共有をしています。 本来であれば決裁者が決めてしまえば前に進むはずなのですが、そこは日本人、責任分散体質のため念には念を入れてコンセ…

スポンサーリンク