汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

【中学受験迷走記】褒める基準を設けてはいけない

子供を「褒めて」伸ばすのは基本ですよね。 しかし、上手に褒めるのは本当に難しい。実は僕自身が褒められて喜ぶタイプではない(⇐ひねくれている)ため、褒めるのはとても苦手なんです。理想としては、自然に湧き上がる感情のままに誉め言葉が出てくることだ…

【中学受験迷走記】旦那元気で留守がいい、は本当!

2017年度全国学力テストを受けた小6と中3の保護者から無作為に抽出したアンケートの結果、親の働き方と子供の学力との関係性が分かってきたそうです。 結論から言いますと、 旦那の帰宅時間が深夜で、妻が専業主婦の家庭が最も学力が高かったそうです。 。。…

【中学受験迷走記】精読する習慣を身につけるには

中学受験科目である国語・算数・理科・社会で最も得点差がつくのは算数です。逆に言うと、国語・理科・社会はあまり差が出ないとのことなので、 「算数を重点的に頑張ればいい!」 ってことになるのですが、中学受験の算数の問題文を読んだことがある方はお…

【中学受験迷走記】公式より先に想像力を身につける

「植木算」をご存知ですか。僕が子供の頃には無かった言葉です。植木算とは、一定の間隔で立っている植木や電柱などの本数、間隔の距離などを求める問題のことです。これを聞くと、何も「植木算」というネーミングが必要なほどの難問には思えないのですが、 …

【中学受験迷走記】女の子はなぜ社会が嫌いなのか?

塾の先生も言っていましたが、なぜか女の子には「社会」が嫌いな子が多いようです。 中学受験は、国数理社の四科目が受験科目の学校が多く、国数に多めに傾斜配点している学校がほとんど(国数が100点の場合、理社は50~80点の学校が多い)ですが、逆に言うと国…

【中学受験迷走記】低学年と高学年の意識の違い

最近、娘が「お父さん、会社でどんなお仕事しているの?」とよく聞いてくるんですよね。僕が疲れているときなんかは、ちょっと適当に「パソコンをカチャカチャ打ったり、お客さんのところに出張に行ったりするんだよ。パパよく海外とかに出張行くでしょ?」…

【中学受験迷走記】頭の器を大きくする時期

まずは、先日のアクティブ・ラーニングの回にて、子供との議論が面白かったら報告させて頂きますと言いました。 「あなたは電車の運転手。運転中にブレーキが故障。このまま真っすぐ進むと線路上にいる3人の人を殺すことになる。でも、左の引き込み線に入れ…

【中学受験迷走記】失敗を歓迎できる親にならねば

親も教育のプロではない(そもそも教育のプロっているのか?) ので、子供が「失敗」したとき、ついつい怒鳴ってしまったり、「なんでそんなことができないの!」と責めてしまったりしますよね。僕なんかは、子供にアマアマなので「失敗」しないように転ばぬ先…

【中学受験迷走記】アクティブラーニングを家で実践

かつての「詰め込み教育」であれば、受け身の座学でOKでした(眠いですよね。。。座学。今でも苦手です)。しかし、これからの時代「主体性」を育むことが重要になります。学習方法がどのように変わっていくのか?簡単に言えば、 座学など「受動的学修」⇒「能…

【中学受験迷走記】生きる力を身に着けさせたい

2020年から大学入試が変わります。 これまでは「知識詰め込み」だけで生きていけた世の中ですが、今は先行き不透明で混沌とした時代です。これだけグローバル化が進み、国際競争が当たり前になってくると、知識だけではなく、ちゃんと自分の頭で考え(思考力)…

【中学受験迷走記】机に向かう「習慣」が大事

お子さんはどこで勉強してますか? 学習机が多いと思います。あたりまえですよね。そのための学習机です。しかし、うちの子は、居間の食卓で勉強しています。理由が二つありまして。。。 子供部屋にクーラーがないので、特に夏冬はつらい 学習机がきたない!…

【中学受験迷走記】ケアレスミス対策は簡単!

小3の我が子が昨年から某有名中学受験塾に通っています。関東圏に住んでいるなら中学受験でしょ?って軽いノリで通い始めたものの、 いやぁ〜レベルが高い❗️ 娘の頭では、授業についていくので精一杯(・・;) ただ、塾の中で友達が出来たこともあり、勉強がで…

稼がないフリーランスが増えれば日本は変わる

はあちゅうさんがVoicyで「電通時代の方が社会的信用があった」と言っておられましたが、それなりの会社に勤めていれば、確かにサラリーマンの方がローンを組んだり、家を借りたりするときに有利です。 そりゃそうです。金を貸す方からすれば、大企業に勤め…

「尊敬する人」がいないのは不幸なのか?

「尊敬する人」っていますか? 「西郷隆盛」とかではないですよ。歴史的な人物ではなく身近な人物です。 実は、僕、これまでの人生で「尊敬する人」に出会ったことがないのです。 社会人になってからも、たまに、若手などが「僕、〇〇さんのこと尊敬してるん…

【世界平和の方法】人間が生物から卒業しないと!

まず人間は本質的に、 「自分と家族のみ」の幸せのために生きているのだと思っています。 人間は集団社会をつくる能力で食物連鎖の頂点に登り詰めましたが、人間様も“生物”です。次世代に遺伝子をつなぐという生物的本能が最優先なのは間違いないでしょう。 …

「ヨコ社会」の所属数と人生の幸福度は正比例

会社は、言わずもがな「タテ社会」ですよね。上意下達の世界です。上の言うことは「絶対」。一昔前までは、セクハラ・パワハラ当たり前(?)の世界でした。そもそも僕が会社に入った頃は「セクハラ・パワハラ」なんて言葉なかったし。お世辞にもこの「タテ社…

【人種差別問題】黒色は本質的には関係ない

肌の色の差別についてこんなこと考えたことありませんか?白人が黒人を差別した歴史があるのは誰でも知っていることですが、 本質的に「黒」を差別してしまうのか? その歴史に起因しているだけなのか? 歴史的な話では、欧州諸国がたまたま先に発展し、国際…

【フェイクニュース問題】マスコミは反省が足りない

トランプ米大統領が相変わらず面白いです。ウエストバージニア州の選挙集会で、後ろの方で取材をしていたCNNに対して「後ろにいるやつらは何者だ。フェイクニュースだ。」と言い、数千人の支持者が一斉にブーイングで応えたそうです。茶番としかいいようがあ…

【好きなことで生きる】日々の変化に敏感になる

以前のブログで、興味の対象を次々変えられる好奇心も才能の一つだとお話ししました。「好きなこと」で生きていこうと思っても、なかなか一つのことだけで生きていくのは難しい。たくさんの人が参入してきて過当競争になったら、飯が食えなくなるかもしれま…

ハラルはいいけどなぜかヴィーガンがNGな理由

堀江貴文(Takafumi Horie) on Twitter: "完全に基地外の域だな。自分達で勝手に食事制限して悦に入るのは勝手だが、そんなお前らのために社会は改造させない断固として。 https://t.co/1U6x5ztLgI" 定期的にヴィーガン論争が起こります。この「ヴィーガン先…

【米国人チャイナドレス】文化は世界平和の邪魔をする?

アメリカの女子高校生が、卒業パーティーでチャイナドレスを着た写真をSNS上にアップしたところ、その写真のせいでネットは炎上、釈明に追い込まれる事態になったそうです。きっかけは、中国系の男性が、「僕の文化はあなたの卒業パーティー用の衣装ではない…

おっさん上司のIT格差がヤバすぎる件

このお話はIT企業など先進的な会社には当てはまらないと思いますが、重厚長大系の歴史の長い会社であれば、少なからず抱えている問題だと思います。 僕の感覚では、だいたい50代でしょうか。もちろん個人差も大きいですが、この50歳を境にIT知識に大きな差が…

結婚制度が微妙だと思い始めている

微妙なタイトルです。結婚制度については、様々な歴史的な成り立ちがあるのだと思いますが、少なくとも以下に貢献しているはず、(していなければいけないはず)です。 人類の発展 子孫繁栄 もちろん前提には愛だ貞操だとあるのだと思いますが、上の2つがなけ…

子供の社会的成功の確率を上げるには

珍しく教育のお話をしたいと思います。テストの点数やIQなどは、ある程度、遺伝の要素もあるので如何ともしがたいこともあります。頑張ってもなかなかお勉強が出来ない人もいます。ですので、子供に学校のお勉強を一生懸命教えても、期待通りの結果にならな…

【前澤さん世界平和⓶】結局争いが起きる

先日に引き続き前澤さんの世界平和の方法です。「お金のない世界」では、「尊敬」がベースになると言っておりますが、それについて考えていきます。 ↓この部分ですね。 「労働生産についてはどうでしょう。 働いても働かなくても無料で生活していけるなら、…

【前澤さん世界平和の方法】尊敬がベースになるのか?

僕が考える世界を平和にする方法|前澤友作|note 前澤さんの「僕が考える世界を平和にする方法」を読みました。とても興味深い。一部の超大金持ちや軍事関係者を除き、世界の人間誰もが平和が一番だと思っているはずです。誰だって、殺されるかもしれないと…

老害撲滅も好きなことで生きることも根っこは好奇心

「老害」。いますよね~ 笑。ええ、うちの会社にもウジャウジャいます。「老害」がたくさんいるということは、ある意味、会社としては余裕があるということでいいことなのかもしれませんが、「老害」と個別に接していると、正直、 ウザいですよね 「最近の若…

【孤独問題】人間関係は「つまみ食い」でいいじゃん

ご存知の方も多いと思いますが、本年、イギリスが「孤独担当大臣」を新設しました。人口7000万人弱のイギリスで、900万人もの人が孤独を感じており、1ヶ月以上も家族や友人と話をしていない老人が20万人もいるそうです(イギリスの全老人の約1/3!!を占める)…

【マスコミ】代わり映えしないから、つまらんのさ

相変わらずトランプ米大統領のまわりでは面白いニュースがたくさん出てきます。全米350紙以上の新聞社が16日付の社説で一斉にトランプさんを非難したらしいです。まぁ、確かにトランプさんは、自身を批判するニュースに対しては、すぐに「フェイクニュースだ…

【飴玉批判】こういう人はウザいが面白い人材かも

山口県で行方不明になった2歳男児を発見したボランティアの人が飴玉をあげたことについて批判している人が炎上しています。そりゃそうですよね、3日ぶりの奇跡の発見に日本中が歓喜しているなかで、「誤飲の危険性があるから飴玉をあげてはいけない」と言わ…

スポンサーリンク