汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

セクハラ罪が出来たら、日本は冤罪天国になるぞ



「セクハラ罪という罪は存在しない」の閣議決定について、またマスコミや野党が批判を強めています。相変わらず、この「セクハラ罪という罪は存在しない」部分だけ取り上げて、やれ不適切だ、やれ「セクハラを根絶しようという流れに水を差すもの」、全ての女性が輝く社会にしようという安部政権において、あってはならない発言だ、など批判のオンパレード。何のことはない、野党が「現行法令ではセクハラ罪という罪はないという理解でいいか」と質問したので、「存在しない」と応対しただけ。安部政権、麻生大臣を批判したいだけにしか見えません。MeTooの政治利用と同じ流れ。

セクハラ罪はないのは事実ですが、今日はセクハラ罪があったら、どうなるかについて考えてみたいと思います。

セクハラ罪が成立したら。。。

日本の刑法は罪刑法定主義です。簡単にいうと、犯罪になる行為の内容とその刑罰は、予め明確に規定しておかなければいけない、ということです。一見当たり前のことのように見えますが、国民にどんなことをしたら犯罪に当たるかを予め知らせておくことによって、それ以外は国家権力が国民を不当に縛ることはできないよ、それ以外は自由に行動していいんだよ、という自由主義の趣旨が背景にあります。

ここでセクハラの話しになりますが、セクハラといっても定義がいろいろあります(調べると結構おもしろい)。一番広い(再広義)のセクハラは、「相手方の望まない性的な行為」だそうです。一番広い意味のセクハラでは、加害者と被害者の関係性(上下関係とか)すら着目しないとのことです。ところで「相手方の望まない性的な行為」って。。。意味不明じゃないですか?

  • 相手が望まない→相手の主観で決まる

  • 性的な→相手が性的だと思えばOK

  • 行為→相手が行為だと思えばOK



こんなアホな要件ないですよね。罪刑法定主義の「明確に」に確実に反しています。曖昧すぎ。よってセクハラ罪なんて成立するはずないのですが、何かの間違いで成立してしまったら、日本は冤罪天国になってしまいます。何せ相手が「セクハラだ!」と言えば、はい終了~なんですから。政敵、競合、ライバル、。。。どんな相手でもハメたい放題です。それでなくても日本のマスコミは過去の冤罪を反省しません。国家の監視のためなら、多少の犠牲は致し方なし、という態度。セクハラ罪なんて刑罰を受けたら、マスコミにも殺されますよ~間違いなく。

正しい流れは

「セクハラ罪という犯罪は存在しない」のは事実なんですから、それ以上でもそれ以下でもないのです。セクハラは、ちゃんと強制わいせつ罪や傷害罪(刑事)、名誉棄損(刑事と民事)などの法律で粛々と対応すればいいじゃないですか。セクハラ罪という罪はないが、セクハラは何等かの罪に該当するのですから。「いじめ罪はないといじめられている子供に言えるか?」という論調も、「いじめ罪はない。でも傷害罪で逮捕される。」の方がよっぽどいじめの抑止力になると思います。正しい理解ですし。いじめをすると警察が教室に乗り込んできて、逮捕していかなければいけないんですよ。よく倫理や道徳に期待する向きもありますが、倫理観のように個人差があるものに過度に頼ると冤罪や私刑を生みますよ。しっかりと「罪を犯したら、裁かれる」社会になればいいのです。セクハラ罪、いじめ罪など定義自体が曖昧すぎて、個人の主観でいかようにも解釈できそうなものは極めて危険です。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^♪



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

ホリエモンの過当競争は起こらない



「好きなこと」をして飯を食べていこうと考えたとき、まずその好きなことが、「飯のタネ」になるのかと考えると思います。例えば好きなことが、「野球」だった場合、もちろんプロ野球選手で飯を食えれば最高なのでしょうが、そんな確率は超低いので、「野球」関連の何かでいこうと考えるはず。例えば、プロ野球事情のブログを書くとか、youtubeで野球解説するとかでしょうか(発想が貧しい。。。)。例えば、大食いだったら、大食い選手権に出場して賞金を得るとかでしょうが、これも全国区の選手になるのはハードルが高いですよね。であれば、先ほど同様に大食いレポートをyoutubeやブログで発信するとか。。。(他に浮かばない)。趣味が「読書」、「水泳」 、「虫」、「映画鑑賞」。。。いろいろありますが、これ単品で人から収入を得られるレベルの何かができますか?

これらをみていくと、「好きなこと」単品でご飯を食べていくのはかなり難しい。よって、「好きなこと」を何個も同時に進めて、“数打ちゃ当たる”作戦でいくことになります。しかも、「飯のタネ」として永続的なアイテムであればいいですが、そんな素敵なもの、なかなか無いと思います。つまり、定期的に「好きなこと」の入れ替え戦が必要だということです。

確かに、「何かに没頭したことは人間誰でもあるはずだ」(=よって、好きなことがないことはない)のは事実かもしれないが、

  • その「好きなこと」が飯のタネになる

  • 「好きなこと」を何個も同時進行できる

  • 定期的に入れ替え戦できる



この3つができない人は、「好きなこと」で生きていくのは、ほぼ不可能ではないでしょうか。ここまでくると、「あらゆるものに興味がつきない」という才能がなければ無理だと思います。つまり、常に興味の対象がたくさんあり、その対象で飯を食う術を思いつく才覚があり、あっさり興味の対象を変えることができて、それを絶え間なく繰り返す才能です。

すごい才能ですよね!まさに社畜サラリーマンと真逆の才能です。

「好きなこと」で生きていくを実践している人はよく、誰でもできるよ!と言いますが、はっきり言って、誰でもできないですよね。というか、ごく一部のその才能を持った人しかできない。

今は「個人の時代」ですので、会社に属さなくても、個人で稼ぐ環境は昔より遥かに整っています。インターネットの発展は個人の可能性を大きく広げました。それでも「好きなこと」で生きていくだけの収入を得ようと思ったら、相当大変だということ。

みんながみんなホリエモンになれない。

ホリエモンの過当競争も見てみたいですが。。。

もちろん勇気の問題もあります。下らない体裁やプライドに固執し、一歩を踏み出すことができない。でも、どうしてもリスクを考えてしまいます。

やはりまず、自分にそのような才能が備わっているか、向き不向きをチェックする必要があります。

チェックしているうちに人生が終わってしまいそうですが 苦笑。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

アメリカで#MeToo運動が下火に。日本も終わるな。



MeToo運動は、ご存知のとおり、昨年10月、ニューヨーク・タイムズが大物映画プロデューサーのワインスタイン氏を数十年に及ぶ性的虐待疑惑で告発したことに端を発して、ハリウッドの有名女優が実名でセクハラ相手を相次ぎ告発、世界的なセクハラ告発運動になっていきました。欧米では、ハリウッド俳優、大物ジャーナリストやキャスターなどが辞職や契約解除などに追い込まれました。この流れに沿って、日本でも相手を実名でセクハラ告発する有名人が現れましたが、イマイチ盛り上がりに欠けていました。しかし、最近の財務次官セクハラ疑惑問題、麻生大臣の失言問題などで再度MeToo運動が盛り上がってきています。

しかし、最近、アメリカでMeToo運動が下火になってきたそうです。これまでは連日朝から晩までニュースで、がんがん報道されていたそうですが、3月に入ったころからすっかり下火になり、「過去のニュース」になりつつあるようです。

結局、誰のための運動だった?

下火になった要因はいろいろあるようですが、まず第一に、MeToo運動の実名告発により、芸能人、映画やTVのプロデューサー、キャスター、政治家などの大物が辞職や契約解除などに追い込まれ、社会的な制裁が下されたことにより、もう"大物の疑惑が出切った感"があるからです。つまりもうニュースの大スクープになるような大物がほぼいなくなってしまったということです。

それともう一つ、こちらの方が本質的な理由かもしれませんが、この運動って、有名人が有名人を裁いているだけなんです。有名人同士の争いなのでニュースのネタとしては、これ以上ないぐらい面白いのでしょうが、結局、"セレブの内輪モメ"なんじゃないの?という側面もありそうです。確かにMeToo運動は、世の中にセクハラは許されないという強烈なメッセージを発しましたし、今まで泣き寝入りしていたセクハラ被害者に勇気を与えたので、大きな社会的意義があると思いますが、草の根運動の観点では、実は一般民衆にはそれほど浸透していなかったのかもしれません。

日本ではどうなるか?

状況は日本も同じですよね。盛り上がっているのは、有名人とマスコミが中心。特にマスコミは、財務次官セクハラ疑惑問題、麻生大臣失言問題をMeTooを利用して政治問題化する気が満々ですよね。もちろん一定の成果もあります。企業は世論に敏感ですので、有名人やマスコミが大騒ぎしているおかげで、セクハラ対策をしっかり講じるようになってきました。また、アメリカ同様、これまで泣き寝入りしてきた被害者に勇気と行動する力を与えているのは間違いありません。これだけでも十分に成果があるとは思います。ただ、アメリカの真似っ子であること、アメリカ同様に 民衆に根付いているような感じがしないことから、アメリカが下火になれば、日本も早晩下火になっていくでしょうね

本気で解決させたい人ってどれ程いる?

アメリカの根強い人種差別問題などをみると、正直、解決できるのか?。。。と懐疑的になってしまいます。アメリカは、差別教育はさかんだし、少なくとも差別発言、差別行為には厳しい。でも、無くならないんですよね。本気でなくしたいと思っている人より、外面的、形式的でブームで騒いでいる人の方が多いような気がします。女性蔑視や人種差別など長い歴史のある根源的な問題は、外面的に差別発言、差別行為をしなければ、とりあえずOK!と考えるか、本気で皆の心から差別意識をなくすべき!と考えるかで、対応方法が全然違うと思うのです。前者ならMeTooみたいな運動でもOK。でも、後者を狙うなら、こんな運動ではたぶん無理。いっそのこと「差別の歴史」を全く教えない、などの思い切った教育が必要だと思います。黒人奴隷の歴史を知らなければ、誰も黒人の歴史に興味を持ちません。知らない方が健全なこともあると思うのです。。。



ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^)



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク