汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

どんな事情があってもキレてはいけないのが上司



小田嶋隆 on Twitter: "ツイッター世界の中で一定の影響力を持っている冷静さ至上主義の論客たちは、何かに怒っている人たちをごく単純に「程度の低い人間」と見なす。というのも、彼らは、誰かが怒りの結果として冷静さを失う事情を理解せず、単に「冷静さが足りないから怒っている」と評価しているからだ。"

このツイートを読んで、久々に自分の会社生活を振り返ってしまいました(^.^)

まず、言葉の意味から。後で使います。

  • 怒る=不満なことがあって、我慢できない気持ちを表す

  • キレる=突然怒り出す。かっとなる。逆上する。

  • 叱る=相手の言動の良くない点を指摘して、強く咎める。



自分の会社人生を振り返ったとき、数多くのパワハラ上司に出会っていたことを思い出しました。いやぁ〜酷い時代でした。僕が若い頃は当然「パワハラ」なんて言葉はなく、そんな教育も存在しませんでした。偉いおじさんのやりたい放題です。例えば、数十人の前で怒鳴り散らされたことなんて何度もあります。また、「バカ」、「アホ」、「死ね」なんて日常茶飯事のように言われ、数えきれないぐらい酷い仕打ちも受けました。ただ、そのパワハラ上司にも少なからず出世した人がいまして、今更気づいたのですが、出世したパワハラ上司に関して言うと、不思議と嫌いな人は少なかったように思います(まぁ、近寄りたくはなかったですが)。理由は次のとおりです。

  • (出世するぐらいなので)さすがに凄いと思える面があった

  • 「怒る」と「叱る」の区別はない人たちだったが、「キレる」ことはなかった



確かに「ここはすごい!」と思えるところがあったのですよ。パワハラ上司なのですが、何か器の大きい部分を感じていたのでしょう。端的に言えば、尊敬できる部分があったので、パワハラ野郎でも「まぁ、こいつから言われたら仕方ないか!」と許せる感じがしたのでしょうか。次に「怒る」ですが、そりゃすごい剣幕で叱られました。ええ、直の上司もかばえないぐらい。当然、昔ですから感情に身を任せた「怒る」と教育的な「叱る」は完全に混同です。ただですね、「キレる」ことはなかった。偉い人がキレると最悪です。こちらは何もできません。ただ激高した感情が鎮まるのを待つしかない。それまで一方的にやられるだけ。言い返すと火に油。議論も何もあったものではなくなります。議論ができないと、建設的な意見が一切出てこなくなります。つまり、偉い人が「キレる」と、会社の仕事が一切前に進まなくなるのです。そういう意味で、「出世したパワハラ上司」は、超えてはいけない一線を理解するセンスがあったのでしょうか。

僕がこのツイートで一番気になった部分が、

「怒りの結果として冷静さを失う事情を理解せず、」

という件(くだり)です。実は、数名しかいなかったのですが、「パワハラもない、悪い人ではない、光る部分は無いが仕事が出来ないわけではない、でも、瞬間湯沸かし器の如くすぐキレる上司」ってのがいました。

これが、おそらく上司のなかでは“最悪”です。一度激高したら終わりです。本当に湯気が出ているかのよう。しかも、激高している自分を感じて更に激高していくのです。「激高スパイラル」です!そして最悪なのが、自分が「キレて」いるという意識が、おそらく無いのです。みなさんこういうタイプ見たことないですか??僕は、正直に言うと、過去上司に2人だけいました。

これが若手だったらいいのです。上がストッパーになるので。しかし、ある程度偉い立場でいたら、もう最悪です。先ほど言ったように、本来、マネージャーには、広く意見を募り、議論を活発化させ、いいアイデアがたくさん出てくる土壌をつくるという重要な役割がありますが、キレる上司は、キレた瞬間にその機能がマヒします!

その観点から、「怒りの結果として冷静さを失う事情を理解せず、」については、

怒りの結果として冷静さを失う=キレているに近い状態、ならば、

正直、どんな事情だろうが、そんなの理解できません!特にビジネスの世界では。

やはり「程度の低い人間」と判断してしまいます 笑

みなさんいかがですか?

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

【ヴィーガン肉屋襲撃】極端思想のマイノリティはヤバい



フランスでお肉屋さんがヴィーガン(完全菜食主義者)に襲撃される事件が起こっているそうです。お店の窓ガラスが割られたり、「肉反対」スローガンをスプレーでイタズラ書きされたりと、

ほぼテロですよ❗️

なお、フランスだけではなくイギリスやスイスでも被害が出ているらしいです。また、肉屋さんだけではなく、魚屋さんも襲われています。

国際的な無差別テロに近いです❗️

僕は、ヴィーガンには全く興味はありません。まあ、「好きにしたら」という感じです。完全菜食が健康にいいか悪いか、環境に優しいか悪いか、動物保護の観点でいいことか、保護になっていないのか、

さして興味はありません。

ですので、ご自由にどうぞって感じです。ヴィーガン同士、切磋琢磨して互いに高めあって頂ければいい。修行僧のように。

僕が一番やっかいだと思うのが、僕のように興味のない人に対して「押し付けたり」、「攻撃したり」することなのです。宣伝するぐらいならアリだと思いますよ。例えば、知り合いに「ヴィーガンって知っていますか?こんなに環境、動物に優しい。体にもいい。お勧めですよ。」とアピールするとか。でもですね、ここまでですよ、いいのは。相手が「でも、僕は肉が好きだから。。。」となったときに、

「いやいや、データでは。。。道徳的にも。。。なんちゃら環境団体も。。。だから肉食はおかしい!なんで分からないの!?」

ここまでくるとアウト。これが度を過ぎると、先日ありましたが、肉フェスなどで抗議活動をしたり、変な横断幕を掲げたり、そして今回のテロですよ。

ヴィーガンの反論はだいたいこう。

「ヴィーガンの99.999%はいい人。こんなテロなんてしない。肉食の人だった悪いことをやるでしょ?」

→まず根拠は?ですが、それはさておき、それ以上に検証してほしいのは、本当に、その思想(ヴィーガニズム)に過激になる危険性が含まれていないのか?です。ある世界宗教も疑っていますが、そもそもその思想に過激になりそうな教義なり教えが入っているのでは、と疑っています。よく、ある世界宗教の過激派のテロが起きた時に、穏健な教徒が言うじゃないですか。「これは本来の教えとは違う。」 本来の教えとは違うかどうかなんてどうでもいい。その教えの中に過激のタネが潜んでいませんか?ということです。

そしてもう一つ。「ヴィーガンは押し付けてはいない。事実を言っているだけ。」

これはもっと重症。事実だと信じている人に事実ではないと言っても響かないので。絶対的な事実なんてものは存在しません。まずその前提を理解することが大切。

世の中のほとんどの人は肉を食べます。この現象が少数派のヴィーガンをいら立たせている側面もあるのでは?と考えています。「なんで分からないんだ!ヴィーガンの素晴らしさを。」みたいな。

極端な考えを持つ少数派は過激になりやすいと思いませんか。。。?

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

「不謹慎」、「自粛」が社会に蔓延したらヤバくない?



西日本の豪雨被害が拡大するなかで、自民党議員50人の飲み会に安倍首相らが出席し、みんなで撮った記念写真が公開され、不謹慎だと非難の嵐が起こっています。あの楽しそうな赤ら顔の記念写真を見た方も多いと思います。まぁ、昨今の「モリカケ」などの安倍批判がベースにあるのだと思いますが。。。

どう考えても不謹慎です。自粛すべきでしょう!

これが僕も含めた日本人の正直な感想だと思います。日本のような同質社会では、だいたいみんな同じようなことを考えているので、何が不謹慎で何がOKなのかの境界線はだいたい分かっています。よって、たまに間違えた人はこのように集中砲火を浴びてしまうのです。

ただ、ご批判を覚悟で、ある疑問を言わせてもらいますと、

安倍首相がこの「飲み会」に参加しようがしまいが、おそらく豪雨被害対策の結果には影響を与えなかったのだと思うのです。言い方を変えると、安倍さんが、このような大災害が起こったときに、一国の総理として司司に適切な指示を下しているのならば、極端に言えば、何をしようが問題ないとも考えられます。

「不謹慎」って、ぜんぜん合理的ではないですよね?

社会として、このようなことを合理的に考えられる国民が多い方がいいのか、みんな雁首揃えて謹慎!という姿勢がいいのか、なかなか難しいところです。たくさんの方が災害で苦しんでいるのを見ると、確かに自分の気分も沈んでしまいます。被害に遭われた方に同情もしますし、自分が何か役に立てないかと自然に思うものです。それが「不謹慎」という心情につながっていくのでしょう。そして、「楽しそうな」行為は何でも自粛になるのです。

「あんなに苦しんでいる人がいるのに、自分だけ楽しいことをするのは不謹慎だ!」

という感情です。人間っぽいとも思えますが、合理的に考えれば、

  • 被災者が自粛を望んでいるわけではない

  • 自分が自粛しても、事態は別に好転しない

  • 逆に社会が葬式のように沈んでしまって、それでいいの?



って感じで、逆に社会にとってあまり良いことないんじゃないか?!という気さえします。

特に日本のような同質社会では、「不謹慎狩り」みたいな連中も多く、誰かがちょっと不謹慎行動をすると、鬼の首をとったかのように、寄ってたかって非難を始めます。ネット社会では特に顕著です。安倍さんの件は微妙ですが、物事はある程度合理的に判断した方がいいかもしれませんね。みんなが「楽しいこと」を止めてしまうと、社会は暗くなりますよ~。まぁ、「自粛」という行為自体が、みんな「暗くなるべき」という価値観だから仕様がないのですが。。。

多様性尊重の世界です。そんな世の中では、ある程度合理的に行動する必要があるのではないでしょうか。若しくは、合理的な行為を認める広い心が必要ではないでしょうか。意味不明な「自粛」は、社会から無くしていくべきかなぁと思います。

繰り返しになりますが、安倍さんの件は微妙ですが💢

ではまた!今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク